家庭稲作講座 シーズン3 第4回目 田植え

IMGP3066c

草が枯れてきて田植えにちょうど良い感じ。

本当は早朝や夕方に作業したいところだが講座は暑いまっぴるまの作業になってしまう。
でもみんなちょっとかわったこの田植えを楽しんでいた様子。

中級の方々の助っ人もあり総勢50人ほどが田んぼに集結。

家庭稲作講座 シーズン3 第1回目

田んぼのレンゲがほぼ満開になった。
ちょっと肌寒い中、今年も家庭稲作講座が始まった。
講師はNPOの若き理事、谷川拓也

IMGP2776b

便宜的に初級、中級、上級とわけてきたが
基本編、本編、応用編 というほうがしっくりくるだろうか。
自分で一から田んぼをやる本編(中級)がこの講座の醍醐味の部分だ。
肌寒いのに熱気に溢れていた。

今年の本編(中級)は(応用編)上級ともいえるビオトープ付きの田んぼにも挑戦する。

IMGP2778b

この小さなビオトープと田んぼは田畑の宅地化が進む中でのささやかな抵抗の証でもある。

家庭稲作講座 シーズン2 最終回

昨日は小雨がときどき降る中、家庭稲作講座の最終回。

稲藁での〆縄飾りづくり実習。
羽生市による終了証の授与。

IMGP2023b

昼食はきねと臼で餅を搗き食べる。
キャロットポタージュもつくって出してみた。

IMGP2026b

継続して来シーズンも受講されるかたが多くより内容を深めていければ、と強く思った。

家庭稲作講座 シーズン2 第7回

いよいよ収穫のときがきた。

IMGP1869b

講座では脱穀、田んぼの整備、もみ殻の利用、米の貯蔵、米のもみすり精米などなど盛りだくさんの内容をこなした。

昼食では今年のイセヒカリをもみ殻竈で炊いてみた。

今年はじめての取り組みであった中級講座(自力での2畝の米作り)のほうも収穫にこぎつけた。
田んぼのお隣どうしが協力しあっているのが特に印象的だった。

IMGP1873b

NPOので準備したハーベスタやもみすり精米機を利用してもらいその日のうちに今年の稲作の成果をもってかえっていただいた。自作のお米で食卓での会話がさらに豊かなものになるといいな。

IMGP1874b

親子環境教室 シーズン4 第3回

気象キャスターネットワークと雨読晴耕村舎の共同企画
「羽生 空と畑の環境教室」の第3回

今回も2本たてのテーマ
①屋敷林の動植物マップづくり(埼玉県生態系保護協会主任研究員の佐々木隆馬氏)

講座が始まる前にケンタと佐々木さんが雨読晴耕村舎の森を歩いた。動植物を観察する視点で眺めると森の中は輝きに満ちている。この枯れ枝の穴は何だと思います?

IMGP1717b

コゲラ(小型のキツツキ)がカミキリムシの幼虫を捕食するためにあけたもの。

佐々木さんの講座は子供たちにアクションと観察をさせてそれを解説する、というスタイルで大人も一緒に熱中してしまいました。
これはある香りの強い落ち葉を子供たちに渡し、その木をさがして地図にプロットさせたうえでその木(クスノキ)の解説をするプログラム。こういったスタイルでバッタ、蝶、爬虫類両生類などを捕獲しつつ地図上にプロットしていきました。

IMGP1707b

糧工房で久美ちゃんが準備してくれたニンジンたっぷりの昼食を食べて

午後はもうひとつのテーマ
②レンゲ・スズメのテッポウ不耕起田の稲刈り(NPO法人雨読晴耕村舎理事の谷川拓也氏)

春にこの講座で田植えをしたレンゲ・スズメのテッポウ不耕起田の稲刈りだ。田の面には稲の下にもうレンゲやスズメのテッポウ、スカシタゴボウなどが発芽して覆っている。この田んぼのサイクルについて谷川君から解説があり作業スタート。稲ははざかけして乾燥に入りました。あと2週間もしたら脱穀します。これはもち米なのでまた子供たちと餅搗きをしようね。

IMGP1719b

家庭稲作講座 シーズン2 第5回

土曜日は久しぶりの家庭稲作講座
8月にはいってからは田んぼの作業は畦草を刈り少し中の草を抜く程度でほとんどやることが
なかった。稲の穂が出て花が咲きはじめたのでそろそろ作業再開というわけだ。

8月は私は、といえば図鑑を畦に広げて畦草を刈りながら雑草の同定をしていた。
名前やその性質を読み、覚え、また生えている状態をよく観察していくにつれこの世界にも
魅かれていく。今年は身近な動植物の世界の扉を一気に開いた感じだ。なんと世界は
生命が満ち溢れているのだろう。そして私たちの知の世界はそのひとつひとつにスポットライトを
すでにあてている。知ろうとおもう気持ちさえあればわくわくするような視点がたくさんある。

講座ではその一端を紹介した。

IMGP1207b

親子環境教室 シーズン4 第2回

気象キャスターネットワークとの協同企画、親子環境学習

今回は田んぼの生き物観察

講師は三森典彰さん。田んぼに生息する動植物に関して広範な知識と
情熱で一気に子供も大人も生物の世界へ。

今年からはじめた北側の田んぼ。
雨読晴耕村舎の森のかげになる場所で田んぼとしては影の薄い存在だった。
ただ実際に作業していると生物の種類と量が多い印象をうけていた。

今日の講座で田んぼの生物たちにとっての森の存在の大きさを改めて知った。
実際にたくさん飛んでいたシノメトンボなどは育つ過程で森を利用しているそうだ。
やごの抜け殻を採取したマルタンヤンマ、イチョウウキゴケなど貴重な生物の
種が森とその緑陰によって守られてきたようだ。

マルタンヤンマについて
http://tombozukan.net/zukanyanma.htm

IMGP0910b

IMGP0906b

家庭稲作講座 シーズン2 第4回

今シーズンの家庭稲作講座も4回目に入った。
今回は田植え後の田んぼを見ることがメインテーマ。
写真は根づいてきた稲の苗と沈んでマルチ化してきた枯れ草

参加者同士のコミュニケーションも活発になり望んでいた”ゼミのような雰囲気”
ができあがってきた。それぞれがいろいろなバックボーンや専門をもった方々なのでいろいろな話をぶつけあうとより発見がある。おもしろくなってきた。

IMGP0840b